スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キングダム/見えざる敵 |ジェイミー・フォックス.ジェニファー・ガーナー.ジェイソン・ベイトマン.クリス・クーパー.アシュラフ・バルフム.ジェレミー・ピヴェン 

キングダム/見えざる敵キングダム/見えざる敵
出演:ジェイミー・フォックス.ジェニファー・ガーナー.ジェイソン・ベイトマン.クリス・クーパー.アシュラフ・バルフム.ジェレミー・ピヴェン
Universal Pictures Japan =dvd=
発売日 2008-04-10
定価:¥3,990(税込)
価格:¥2,953(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★


9.11テロ以後のアメリカと中東の関係を見つめた作品は数多く生まれているが、本作の目新しさは、アメリカとサウジアラビアの関係を描いた点。「アメリカとは友好的な中東」という微妙な状況が、世界の現実を映し出す。サウジの首都リヤドの外国人居住区で自爆テロが発生。死者100人以上という大惨事に発展する。現地のFBI捜査官も犠牲になったことから、同僚ら4人のFBIスペシャリストがサウジへ急行。わずか5日という捜査期間で、テロの首謀者を捕らえようとする。  全編、手持ちカメラによる臨場感満点の映像なのだが、カメラの揺れが過剰気味のため、大画面では頭がクラクラするだろう。しかし、冒頭の自爆テロに始まり、カーアクション、銃撃戦シーンは、凡庸なアクション大作が束になってもかなわないくらいのリアルな迫力。当然のごとくテロに対するアメリカの姿勢が色濃く出ており、ジェイミー・フォックス、クリス・クーパーとオスカー俳優を揃えたFBI捜査官のヒロイズムも感じられるが、アメリカとサウジの関係を最も具現化するのは、現地の警官だ。彼の言動や運命が、観る者の心に大きく訴えてくるのは作り手の狙いか。すべてが集約されたラストのセリフには、背筋が凍ってしまう。(斉藤博昭) ラスト10分 2008-04-11 マイケル・マン作品(今回は監督ではないが)だけに、銃撃戦や熱い友情の描き方の素晴らしさは想定内だった。が、それ以上に脚本が素晴らしく練られてあったのは、かなり想定外。とかく、ラスト30分の銃撃戦ばかりが注目されてるが、ラスト10分のテロの首謀者を見つけるまでのプロセスこそが見所かと。全ての伏線が見事に収束します。あとツッコミ所も無いわけではなく、公開処刑などはドリフ大爆笑みたくかなりズッコケてました。(あと"キングダム"てタイトルも、なんか微妙な気が。。。)けど、最近の作品では、最高の部類のエンターテイメント作品といえますな。
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2008/4/12に作成しました。
[ 2008/04/12 21:00 ] 過去のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atochu.blog58.fc2.com/tb.php/394-325ebd3e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。