スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クローズZERO スタンダード・エディション |小栗旬 

クローズZERO スタンダード・エディションクローズZERO スタンダード・エディション
出演:小栗旬 /山田孝之 /黒木メイサ /高岡蒼甫 /桐谷健太
Happinet(SB)(D)
発売日 2008-04-18
定価:¥3,990(税込)
価格:¥2,953(税込)
発送可能時期:近日発売 予約可
オススメ度:★★★★


高橋ヒロシの大人気コミック『クローズ』をベースにしながら、原作とは異なるキャラ クターやストーリー展開を見せた不良少年たちの物語。ワルガキたちが集まる鈴蘭男子高等学校では、多数の派閥がこの学校のトップになろうと抗争を繰り返していた。現在の最大勢力は3年生の芹沢多摩雄が率いる“芹沢軍団”だ。そんな中、不可能と言われている鈴蘭制覇を本気で狙う男・滝谷源治が転入してきて……。 『花より男子』で王子様的イメージがついてしまった小栗旬が、イメージとは真逆の超ワイルドな不良を嬉々として演じた話題作。他にも山田孝之が芹沢役に挑むなど、旬な若手たちが不良役で新しい一面を覗かせている。素晴らしいのはやべきょうすけ演じるチンビラ役を取り入れたこと。大人の汚い事情で抗争を続けるチンピラと、己の強さを試したいという純粋な若者たちの抗争を比較的に出すことで、青春の素晴らしさも感じさせてしまう。何かと人が死ぬ=お涙頂戴作品の多い昨今の邦画で、こういう元気良い映画が出てくることは本当に嬉しいものだ。(横森文) 自立した孤高で孤独な人間が一番強い。 2008-03-27 会社の後輩に是非観て下さいといわれ映画を観た。自分が昔、中坊や高校時代に経験した事が描かれていた、ただしこの連中と違って金がないから日雇い仕事で中古の単車を買って精一杯格好つけていたが、皮のライダースやシルバーのクロムハーツなどで極めているコイツらには外見じゃかなわない、正直こんなにイケ面なんてほとんどいないのが現状。あと喧嘩も今みたいに空手で腹式呼吸も出来ず、さばきも出来ない高校時代は3分も喧嘩すれば、腕も上がんないし、息もあがってまともに立つ事さえ出来ない。馬鹿な女共は不良は格好いいと騒ぐが実際喧嘩する時は恐いし、角材、パイプ、金属バットで向かってくる奴は正直恐ろしい。映画は虚構だが、現実は格好わるいの連続。本当に一番格好いいのは、てめえ自身おぼろげながらでも目標を持って周りに何言われようがガムシャラに突っ走っている奴。男は土壇場で腹が据わって大事なもんを守る奴、それが本物の孤高な漢。
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2008/4/12に作成しました。
[ 2008/04/12 21:00 ] 過去のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atochu.blog58.fc2.com/tb.php/405-e0f10e91





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。