スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

廃油をリサイクルしてつくったエコ洗剤♪汚れはよく落ち、洗濯物をふわっと仕上げます。ピリカレ 3kg 

廃油をリサイクルしてつくったエコ洗剤♪汚れはよく落ち、洗濯物をふわっと仕上げます。ピリカレ 3kg廃油をリサイクルしてつくったエコ洗剤♪汚れはよく落ち、洗濯物をふわっと仕上げます。ピリカレ 3kg
¥2,625円(税込)送料別 カード利用可
オススメ度:★★★★

  【成分】純石鹸分(60%)、脂肪酸ナトリウム、炭酸塩 【液性】弱アルカリ性 【用途】シルク・ウール・綿・麻・レーヨン・合成繊維の      洗濯に使用 ● 水40リットルの洗濯機にスプーン1杯(約5g)が適量です。多すぎるとニオイや黄ばみの原因となります。 また、洗濯後は放置せず、すみやかに干してください。 ノンジャームとひばの湯で、更にパワーアップ!! 環境を浄化する洗剤『ノンジャーム』と併用すれば、さらに環境蘇生効果がアップ!河川が更に喜びます♪それだけではありません。油分分解効果と柔軟効果もプラスされ、洗濯物をより美しく、よりふっくらと仕上げるのです。石鹸のニオイも『ノンジャーム』の併用でかなり軽減されます。キャップ1杯入れてお使いください。 ●ノンジャームのページは ⇒ こちら すすぎの際に『ひばの湯』を注入しますと、爽やかなヒノキの香りがプラスされると共に、ヒノキ特有の抗菌効果が望めます。キャップ1杯程度でOK! ●ひばの湯のページは ⇒ こちら ピリカレ 廃油からできた粉石鹸が、 衣類をフワッと仕上げます! 『ピリカレ』は、サラダ油や天ぷら油等の廃油をリサイクルしてつくったエコ洗剤です。 リサイクルした廃油と抗酸化溶液という特殊酵素を原料につくられており、合成界面活性剤や防腐剤は一切使用しておりません。また、特殊酵素の働きにより、排水が河川に流れると、環境をキレイにしてくれるのです。 使用量は通常の粉石鹸の半分以下!しかもすすぎは1回で十分!それだけで洗濯物の汚れがきれいに落ち、柔軟剤なしでもふっくら柔らかく仕上がります。 ピリカレ ご使用方法 ●水40リットルに対し、ティースプーン1杯=約5gが適量です。 ふっくらと仕上がりますので、柔軟剤は不要です。 (入れる量が多すぎますと、すすぎが不十分になり、ニオイや黄ばみの原因になりますのでご注意ください。) ●ひどい汚れは漬け置きや手荒い、歯ブラシ等を使用して部分洗いをしてください。 ●すすぎは1回で結構です。 ●洗濯後、なるべく早く干してください。 長時間放置しておきますと、しわやニオイの原因になります。 ピリカレの上手な使い方 ●先に『ピリカレ』を入れ、1~2分回転させてから洗濯物を入れると、『ピリカレ』が溶けて洗浄効果が高まります。 ●冬季など、『ピリカレ』が溶けにくい場合は、ぬるま湯で『ピリカレ』を溶かしてからご使用ください。 コップやペットボトルを使うと便利です。 ●『ピリカレ』で洗うと白い生地のものは、本来の生地の色になってきます。 気になる場合は、『ピリカレ』とともに重曹(重炭酸ソーダ)をスプーン1~2杯程入れて洗濯してください。漂白効果が得られます。 ●ニオイが気になる場合は『ノンジャーム』(キャップ半分位)と一緒にご使用ください。 応用編 こんな使い方もできます! 『ピリカレ』は洗濯用の粉石けんですが、他にもいろいろな使い方が可能です。 ぜひあなた独自の使用方法を見つけてください! 【台所用洗剤として】 (1)洗い桶に約2リットルのぬるま湯(ピリカレが溶けやすくなります)を入れ、耳かき1杯分のピリカレを溶かします。 (2)その液に、洗い物の食器をつけおきして、30分程度放置します。(その間に微生物がはたらき、能力を発揮します) (3)その後、スポンジで汚れを落とし、すすいでください。 ※一般の台所洗剤のように、スポンジで泡立てた泡で洗う方法とは異なりますが、手にも優しく、環境にも負担をかけません。 【クレンザーとして】 換気扇やガスレンジの掃除などに、クレンザー感覚で『ピリカレ』の粉をそのまま使い洗ってみてください。 簡単にキレイになり、手も荒れるどころかすべすべになります。 【洗車に】 バケツ1杯の水にティースプーン1杯の『ピリカレ』を入れて行ってください。汚れがつきにくく、ワックスが不要です。ウォッシャー液としても使え、油膜が一拭きで取れます。 (1.5リットルのペットボトルに耳かき1杯の『ピリカレ』で十分です) ピリカレ ご使用上の注意 ※シルクやウールの衣服は、その製品についている取り扱い注意に準じて、風合いをそこねないよう、適温などに留意して使用してください。 ※洗濯する直前にピリカレをお入れください。 粒子が細かいため、すぐに水に吸収されてしまいます。 ※洗濯した後、油のニオイなどが残る場合は、洗剤の量が多すぎるためと考えられます。 量を減らしてご利用ください。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[ 2008/04/12 21:00 ] 過去のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atochu.blog58.fc2.com/tb.php/426-dada298d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。