スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の脳の断面図  持病との付き合いとお守り       <偏頭痛>1 

あとちんの脳みそ脳みそ後ろ
2007/08/01この脳みそは、あとちんのです。
自分で病院に行ったときに撮ってもらったMRIをCDにいれてくれたのでアップしてみました( ^-^)

私は頭痛もちです。
もうこれは小学生のときからの付き合いで子供のころから病院に。
脳波の検査も異常なしで、原因不明でした。

同じく肩こりも子供のころから合ったので
今思えば緊張性偏頭痛だったかもと思います。

今はその頭痛もパワーアップして
不安を感じてMRIを受けに行きましたが、大きな異常はなく年齢によるもののような検査結果だった。
このとき、頭痛の薬にイミグラン(名前あってるかな?)をもらいました。
このイミグランは飲み方が難しく、痛くなる前兆のを感じた時にタイミングよく飲まないと効かないらしいです。
前兆は感じるし、タイミングも分かるとしても、非常に付き合いにくいお薬でした。


色んな今までとは違う症状が出始め、
生理は普通に来てたけど、排卵日らしき期間に体の震えや吐き気を伴う頭痛があったので
友人が婦人科系の病気ではないか?
と心配してくれたので、女医さんのいる婦人科を調べて行きました。

心配していたような若年性更年期ではなかったけど、ついでに子宮検診も受けました。

癌以外の何かがある。みたいな結果だったので定期的な検診を受けるようにと言われましたが心配はないようです。

そうして、検査的には何もないもんで医者に通うこともなく、数ヶ月・・・


救急車で運ばれました。

いつもの偏頭痛以上です。
頭に心臓が移動したかのようにドンドンズンズン・・・。
そして、それに合わせて体が揺れてるようです。
姑舅は外向きだけの仲良し家族だけでSOSには見向きもしません。
また例のごとく「アンタは若いから大丈夫!」と言われるに違いない。
朦朧としながら子供に助けを求め救急車を呼んでもらった。

救急車が来ると近所の目を気にして、慌てて姑舅が心配するフリをしてたらしい。
もうご近所さんはこの人たちがどういう人かとよくご存知で、いくら後付で良い親を演じても、すぐに演技と分かるようで、後で教えてくれました。

朦朧とする中、姑舅が救急車へ乗り込もうとすることをしっかり拒否したらしいことも。

しっかりと私のかばんを抱いて同乗してくれた息子。ありがとう♪

病院に着くと姑が実家に電話したらしく、先回りした父母と半べそかいた妹がいた。

父がリハビリで通ってる病院です。これも朦朧としながら私が指定したらしい。

うちの父は人を見舞えるような体じゃありません。
8年前に脳血栓と梗塞を起こして半身麻痺です。
今書き込みしててもありがたくて涙があふれます。

一通りの検査を終え、やっぱり異常なしです。

点滴室に移され点滴。少し眠った。

覗き込む人の気配にふと目をさますと、私の点滴をいじくり回す姑。
驚いた!!殺される!!!!

いったい何をする気だったのか・・・・いまだに不明

このときにもらったカロナールが私にはよく効き、頭痛がするたび飲んでます。

このしばらくあと、現在、カロナールが効かない日がありました。

頓服にロキソニンをもらいました。

その後でも通常の痛みはカロナールで何とかなってます。

カロナールとロキソニンは私のお守りです。
[ 2008/05/17 11:00 ] 過去のブログ | TB(0) | CM(2)

くるみりすさん

私も結果が悪くないので心因性かと。
ホント上手に付き合うってのが今後の課題です♪

デパスも同時に処方されてるけど飲んでません( ̄▽ ̄;)
[ 2008/05/17 12:17 ] [ 編集 ]

知ってる!!

カロナールもロキソニンも、聞き覚えがあります。効き覚え(笑)もあります。
頭に心臓・・の経験もあります。MRI、私も撮りました。でも、私は、心因的なもの。(鬱的なもの)でした。
お薬と仲良しにはなりたくないけど、長く元気でいるために、上手く付き合っていきたいですね。
[ 2008/05/17 11:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atochu.blog58.fc2.com/tb.php/692-5a3d6d54





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。