スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都の6月の行事 

6月1日 貴船祭(※貴船神社)
貴船祭は、11時より本宮で祭典及び乙女舞が行われ、13時御神輿が本宮より出発する。
御神輿は、貴船町内を練り歩き奥宮を目指す。
奥宮では、子供千度詣、招福餅まき、神楽奉納(ヤマタノオロチ退治)が行われる。

※鴨川の水源地にあるため、古来より水の神様として崇敬を集める神社。心願成就・縁結び・開運などのご利益でも名高い。
6月1・2日 京都薪能(平安神宮)雨天順延
開 場 午後4時30分  開 演 午後5時30分

昭和25年より京都の6月の恒例行事として始まり、
初夏の風物詩として定着、国内外から多数の来観者が訪れます。
夕闇に浮かび上がる社殿を背景に篝火が焚かれ、幽玄の世界が繰り広げられます。

入 場 料 前売2,500円 当日3,300円 前売団体割引2,200円(15名以上)
お問合せ  観世会館 075-771-6114
平安神宮http://www.heianjingu.or.jp/index.html
6月20日 竹伐り会式(※鞍馬寺)
寛平年間(889-98)峯延上人が修行中、現われた大蛇を仏法の力で倒した故事に因む。
長さ4メートル、太さ15センチ近くもある青竹を大蛇に見立て、
僧兵姿の鞍馬法師が近江、丹波の両座に分かれ伐る早さを競い豊凶を占う。
破邪顕正と水に感謝する千年の古儀。

※鞍馬弘教総本山。770年(宝亀1)鑑真和上の高弟鑑禎上人が毘沙門天を本尊として奉安したのが起こり。平安時代は京都の北方守護の寺として信仰を集めた。本殿金堂、多宝塔などは近年再建され、鉄筋コンクリート造り。境内の「鞍馬山霊宝殿」の1階は、山内の動植物、鉱物などを展示する自然科学博物苑展示室、2階は寺宝展観室と與謝野晶子の遺品を展示する與謝野記念室、3階は国宝の毘沙門天像などの仏像奉安室、宝物収蔵庫がある。本殿裏から奥の院への山道に牛若丸の遺跡がある。 建立:770(宝亀1)年

問合先: 075-741-2003
京都に生まれ育ちながら、行事を知らないので詳しくは分かりません。ごめんなさい(;・∀・)
コピペです。
[ 2008/05/29 22:50 ] 過去のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atochu.blog58.fc2.com/tb.php/723-58909186





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。